秋葉原の回転寿司が安い理由、、 | 秋葉原のおすすめ観光スポットをご紹介

秋葉原の回転寿司が安い理由、、

回転寿司を経営するには、原価率も大切ですが、ほかにも店舗の維持費や、人件費もかかりますよね。
ですから、寿司を握る機械を使っているお店は、人件費がその分、浮きますので、値段も安くできることでしょう。

秋葉原には海外からの留学生も多く、店員さんが海外の方の場合も多いですね。
反対に、寿司職人をちゃんと雇っている回転寿司もありますが、その分、お値段はやや高めになっていると思います。
このようなことから、回転寿司が儲かるのかどうかと言えば、それはそのお店の工夫次第です。
普通のカウンターがある、昔ながらの寿司屋は、機械も使っていませんし、ネタを輸入していないでしょうし、大量に仕入れることもないでしょうから、やはりコストがかかってしまう分、高くなっているのです。

お寿司を機械で握っている回転寿司が多い中、職人さんが握ってくれる回転寿司もありますよね。
私がよく行くお店は、職人さんが3人くらい、常にスタンバイしていて、注文をすると握ってくれますので、普通のお寿司屋さんとあまり変わりません。
そこは、さすがに100円では食べられませんが、出来立てでおいしいですし、やはりロボットより職人さんが作ったものを食べたいので、そのお店に通っています。
そうは言っても、回転寿司にいる職人さんが、修行を積んできたプロの寿司職人さんかどうかはわかりません。
いったい、どれ位でお寿司を握れるようになるのでしょうか?
これは、実を言うとアルバイトの人でも、見た目だけを考えるなら、すぐに出来るようになるそうです。

目隠しをして食べるとプロの方でも見分けがつかないようですよ

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*