回転寿司の都市伝説パート1 | 秋葉原のおすすめ観光スポットをご紹介

回転寿司の都市伝説パート1

みなさんは、よく回転寿司に行きますか?
お好きな方は毎週、行っているというような人もいます。

 

私も一時期はまっている時は毎日のように通っていました。
回転寿司はとにかく安くて、ネタも豊富で、今や子供から大人まで大人気ですよね。
ファーストフードのように、小腹がすいた際に、なんとなくフラっと入ることも出来きますし、がっつり食べたいときにも安くて助かります。
安く食べられることは、私たち消費者にとって嬉しいことですが、それにはお店側もいろいろと苦労をされていると思います。

さて、ここでは、普段、みなさんが回転寿司を利用していて疑問に思っている点などを上げて、それについて検証してみたいと思います。
働いていないとわからないところなど、回転寿司の裏側をのぞいて、普段の私たちの疑問を解決してみましょう。
まずは、あの大量のシャリですが、どのように作るのでしょうか?
特に人気店ですと、かなりの量のシャリを作らなければなりません。
回転寿司のシャリは、今では機械で作ることができます。
本来ならば、炊き立てのご飯に、合わせ酢を混ぜながら、冷やしながら、人手をかけてシャリを作りますが、その手間はすべて機械がやってくれます。
炊き上がったご飯を、シャリの機械に入れて、合せ酢も入れて、スイッチオン。
機械がまわり、合わせ酢をまんべんなく行き渡してくれますし、送風機能もあり、ご飯がきちんと冷えます。
これで、大量のシャリも簡単に出来上がるのです。
回転寿司で使う大量のシャリを、桶などを使って人が作っていたら、大変な作業です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*