回転寿司でネタが凍っていたら! | 秋葉原のおすすめ観光スポットをご紹介

回転寿司でネタが凍っていたら!

もしお寿司のネタが凍っていたら、、、

日本人は優しい人が多いですから、回転寿司でネタが少々、凍っていたくらいでクレームを言う人も少ないですよね。
私も、なんどがそういうネタを食べたときがありますが、別に文句も言わず、苦笑いしながら食べてしまいますからね。
また、予測していた以上に、集中してそのネタが出ると、やはり、解凍が間に合いませんよね。
マグロ好きな人がたまたま集まったとか、そんな稀なケースも時にはあると思います。
凍っていても、ベルトコンベアで、お寿司が流れてまわっているうちに、溶けるケースもありますが、運悪く、半解凍のネタを手にしてしまうこともあります。
その場合、口に入れたら、ネタが思っていたよりも冷たくて、びっくりしますよね。

 

さて、一番、気になっている方が多いことは、「回転寿司のお寿司が、どれくらいの時間、流れ続けているのか」という点ではないでしょうか。
あまりに古いネタは食べたくないですし、何時間も流れて乾燥しているお寿司はイヤですよね。
回転寿司のお寿司は、どれ位の時間、流れたら捨てられるのでしょうか?
この点は、はっきり言って、お店によってルールが違いますので、一概に何分、何時間で捨てるとは言い切れません。
チェーン店でしたら、そのチェーン店の決まりがありますし、もちろん、ネタも長持ちするもの、しないものによって違ってくるでしょう。
30分くらいで破棄しているというお店もあるようですが、本当にそうしていたらかなりのロスになると思います。

海外の方は凍ったネタが出てきたらどう対応するのでしょうか(;´・ω・)

とても気になります、、、

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*