回転寿司の歴史をまとめてみました | 秋葉原のおすすめ観光スポットをご紹介

回転寿司の歴史をまとめてみました

今となっては、どの町にも当たり前のように存在している回転寿司。

千代田区秋葉原にも何件か回転寿司屋さんがあります!
通常のお寿司屋さんよりも、回転寿司のほうが店舗は多い気がしますよね。
安い回転寿司が繁盛すると、昔ながらのお寿司屋さんも生き残ることが大変だと思います。
なかには、廃業に追い込まれるお店も多いそうです。
これも時代の流れですから、仕方のないことかもしれませんね。

 

今の子供達にしてみれば、お寿司と言えば、真っ先に回転寿司が思い浮かぶでしょう。
普通のお寿司屋さんを知らずに育っている子供がほとんどかもしれませんね。
それほど、今では当たり前のように、店舗があちらこちらにある回転寿司ですが、みなさんは、この回転寿司が、どれくらい前から登場したのかご存知でしょうか?
回転寿司は今から、だいたい50年以上前に登場しました。
大阪で有名な立ち食い寿司店を経営していた白石氏が、回転寿司を発明したのです。

お寿司は、回転寿司が出てくるまで、ちょっと前までは、高級な料理でしたが、実は、そのもっと前は、手ごろな値段で食べられていたのです。
高級料理になる前は、今の回転寿司のようなファーストフード的な存在でした。
昔は冷蔵技術もありませんから、腐りやすい魚を、塩やお酢でしめたり、米にお酢を混ぜたりして、長持ちできるようにして工夫していました。
これを、昔の人は、間食としても食べていました。
そのお寿司が、高級料理になってしまったのは、だいたい1950年代だと言われています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*