回転寿司トリビアについて | 秋葉原のおすすめ観光スポットをご紹介

回転寿司トリビアについて

いつもご覧いただきありがとうございます

秋葉原のおすすめ観光スポットについてシェアしていきます。

さて、職人がさばけるお客さんの数が少ないため、普通のお寿司屋さんは、お店は広く作られていませんよね。
今の回転寿司のお店は、スペースがとても広々としていていますから、そこに入る大量のお客さんを、寿司職人がすべてさばこうとしたら、いったい何人の職人が必要になるか予想がつきません。

 

機械を使ってお寿司を流すことで、人手をかけずに、多くのお客さんにサービスすることを可能にしたものが、あのコンベアです。
当時はコンベアを「コンベヤ旋廻食事台」という名称で考案しました。
そして、1958年に大阪の近鉄布施駅北口で、回転寿司として「元禄寿司」をオープンさせました。
これが回転寿司の第一号ですね。

食い倒れの街大阪から回転寿司は誕生したのですね!

 

それまで、お寿司というメニューは、高級なものであり、庶民の食べ物ではなかったですよね。
お祝いの席や、何かの会合などでお寿司が出ますが、普段の食事で気軽にお寿司を食べるということはありませんでした。
もちろん、ネタが安いお寿司もありますし、巻物などは安かったようですが、生もののネタの中には時価のお寿司もあり、一般庶民はなかなかカウンターでお寿司を食べる機会もなかったと思います。
そこで、回転寿司の登場です。
お寿司を安くして、安心して一般庶民が食べられるように、考案されました。
時価などという値段の設定は当時からもちろん、ありませんし、お皿の色で値段が分かれているので安心して食べられます。
そして、今では、すべてのお皿が100円と言う回転寿司もあります。

世界的発明ですね

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*